会社を設立する

電卓を持つ人

潰れない会社を作りたい

誰だって、自分が作った会社の倒産を望んではいませんが、港区では設立後3年以内に廃業もしくは倒産に追い込まれてしまう会社が全体の8〜9割方に上っています。会社が潰れてしまう理由は様々ですが、資金繰りが上手くいかなくなって潰れてしまうケースがとても多くなっています。そういう不本意な結末を望んでいないのであれば、会社設立後だけでなく、設立前から税理士のサポートを受けておくようにした方がよいです。港区には、会社設立サポートサービスを提供している税理士事務所が複数存在しており、実際に多くの起業家がサポートを受けています。港区はネームバリューがとても高いエリアであるため、港区内に会社の事務所があるというだけで、会社の信用度がかなり高くなるという面があります。そのため、多くの人が港区内で会社を設立していますが、何しろ家賃が高いエリアですので、順調に会社を経営し続けていくのは容易なことではありません。経費を節約する努力を少し怠っているだけで、すぐに経営が立ち行かなくなってしまいます。しかし、会社設立前から税理士のサポートを受けていれば、開業後に税法上の優遇策を利用できる形で会社を設立することが可能になります。また、開業直後の忙しい時期も税理士がしっかりとサポートしてくれますので、経営者は本業に専念することができます。とはいえ、普段個人客の確定申告手続きを代行するような業務ばかりを行っている税理士を利用したとしても、期待に沿うサポートを受けることはできません。ですので、ちょっとやそっとのことでは潰れない会社を作りたいと考えている場合は、会社設立サポートサービスがある税理士事務所を利用するようにした方がよいです。