払いすぎた金利を取り戻す

お金

払いすぎた金利とは、法律や契約によって払うべき必要のない金利のことで、過払い金とも呼ばれます。過払い金はさまざまな場所で発生する可能性がありますが、特に多発していたのが消費者金融です。消費者金融はその性質上、法律の上限一杯の金利を設定しています。このため過払い金が発生しやすい体質といえます。特にグレーゾーン金利が判例によって否定されたこともあり、古くから消費者金融と取引をしていた人には多くの過払い金が存在しています。この過払い金を取り戻すためには、申し立てた側がその事実を立証する必要があります。そのため取引履歴を取り寄せて、そこから金利計算を行った上で、具体的な金額を提示する必要があります。個人でも立証が可能であれば、請求を行うことができますが、残念ながらそれに応じてくれる消費者金融はほとんどありません。このため司法書士や弁護士などに依頼する必要があります。司法書士の場合には取扱総額が140万円までと限られていますが、弁護士よりも見つけやすいメリットがあります。京都であれば、京都市内に多くの事務所がありますし過払い金に対応した弁護士、司法書士も多くいます。特に立地の良い京都駅前などに多くあるので、近くに過払い金に対応している弁護士や司法書士がいない場合にも京都駅前の事務所を利用すると便利です。また大手の弁護士事務所も支所を構えています。特に過払い金請求では大手弁護士事務所の方がスムーズに請求から返還まで行えるメリットがあります。