払いすぎた金利を取り戻す

お金

過払い金を取り戻すのであれば、弁護士や司法書士などプロに仲介を依頼するのがもっとも近道です。特に規模が大きくなり知名度が高いところほど過払い金を取り戻せる可能性は高くなります。京都でもそれらを専門としている法律事務所が多くあります。

お困りの場合には

交通事故

大阪府内で万が一の際の交通事故に備える場合、任意保険で弁護士費用特約を付帯しておくと便利です。もしもの際に保険会社が提携している弁護士事務所にスムーズに依頼できるだけでなく、着手金の補てんも特約内で行ってくれます。

会社を設立する

電卓を持つ人

港区はベンチャー起業家にとって憧れのエリアですが、オフィスの賃料がとても高いので、会社としての体力が不足しているとすぐに経営難に陥ってしまいます。そうなってしまいたくないのであれば、税理士の会社設立サポートサービスを受けて、力のある会社を作るようにするのが得策です。

弁護士や司法書士に依頼

弁護士

短期間で手軽に

返済できないほど債務が多い場合、自己破産をすればその債務が帳消しとなります。ただし自己破産には、必要書類を用意したり、裁判所に足を運んだりと、多くの手間隙がかかります。具体的には、財産目録や債務一覧表などを用意したり、裁判所で申し立てをしたり面談を受けたりすることになるのです。これにより仕事に専念できなくなり収入が減れば、債務が一層増える可能性もあります。そのため自己破産を選択した人の多くが、サポートを弁護士に依頼しています。弁護士には、委任状を書くことで、必要書類の準備も裁判所への申し立ても任せることが可能となります。裁判所での面談も、自身が受ける必要がなくなるのです。これにより自己破産が手軽になりますし、完了までの期間も短めとなります。もちろん、依頼には相応の費用がかかります。費用の相場は30〜50万円で、多くの場合は依頼した時に着手金として約半分を、自己破産が完了した時に残り半分を支払うことになります。つまり2回の分割払いとなっているわけですが、支払いが困難な場合には交渉により、さらに細かく分割してもらうことも可能です。また、自己破産のサポートは司法書士にも依頼できます。この場合、書類の準備などは任せることができますが、面談は自ら裁判所に赴いて受けることになります。その分費用は安めで、10〜30万円ほどが相場です。ただしいずれの場合も、収入印紙代や予納金などの実費も請求されます。この費用は、自己破産の内容によって異なりますが、多くの場合は2万円前後となっています。